学習・指導方針 | アルファの考え

ここでは、教室アルファの考えをご説明します。雰囲気、カリキュラム、授業方式・・・。普通の塾とは違っているのには理由があるのです。ちょっと長めですが、おつきあい下さい

努力とガマンをごっちゃにしていませんか?

先生から、両親から、よく言われるセリフ「もっと努力しなさい!」。でも努力って、人に言われてするモノでしょうか?。部活に夢中のとき、ゲームをやりこんでいるとき、マンガを読むとき・・・ 。楽しかったら、自分から頑張りますよね。部の練習を休まない。ゲームに詰まれば攻略を探す。マンガの発売日なら雨でも買いに行く。なのに勉強となると、どうして「努力=ガマン」になってしまうのでしょうか?

だからアルファは「考える芽を育てる」んです

楽しいことだって、そればかりではありませんよね。部活や、ゲーム、マンガにだって「イヤだなぁ」って思うことはあります。でも、そこが踏ん張り時でもあります。そのポイントを超えた向こうに、感動が待っているのですから。学習だって、同じこと。感動を味わうための芽を出させ、育てていきたい。それが、私たちの思いなのです。

プラス”アルファ”を教えたくて

『生徒の「なぜ?・どうして?」を大切にしたい』。これがアルファをつくったきっかけでした。今まで、世の中の多くの塾が教えてきた「能率的で無駄のない学習方法」。この方法では、学習内容を理解することしか出来ず、生徒は損をしています。理解したことをもとにして論理的な思考を身につけること。身につけた思考で感動を味わうこと。もっとも”おいしい”ところは、味わえないままで終わってしまうのですから。

あなたの来室をお待ちしています

理解したことをもとに、論理的な思考をする。思考して感動を味わう。これら二つは、これまでの学校教育がおざなりにしてきたことでもあります。アルファは、今までの流れとは別の、違った未来を見据えています。学習で、感動してみませんか?