教室・授業風景


アルファの教室は、ちょっと雰囲気が違います。このページでは、特に蔵書をクローズアップしてみました。独特なムードにふれてみてください。

特徴的な蔵書

view-p1問題集、各種参考書、参考図書などがとても充実しています。

教室は、”大学の研究室”のイメージ。 アカデミックな雰囲気が特徴です。

もちろん、雰囲気だけではありません 各学年・教科対応の書籍がそろっています。

ところで画面右の辞書、何か分かりますか? “The Oxford English Dictionary” 大きくて厚い、全12巻の英英辞典です。 こんな辞書があるのも、アルファならでは。

参考図書も、いっぱいあります

view-p2入試問題や学校の課題が変化しています。それは、アルファのキーワード。つまり、「考える芽を育てる」という姿勢へ。特に論文の出題は、最も顕著な変化でしょう。

だからアルファは、参考図書も完備しました。多様な価値観や考え方に触れられるように、純文学から科学図書、哲学書、親書など。

生徒の「考える芽」の、栄養剤なのです。

なぜ個別指導塾に物語があるのでしょうか?。この答えにも、”考える芽”が関係あります。考えるとは「科学・論理的思考」をすることです。そのために、推理・分析・統合をします。それは、常識や知識があれば、スムーズになります。だから、物語から吸収して欲しいのです。

アルファにあるのは名作だけではありません。SFやエッセイ、手塚治虫や動物のお医者さんなどなど。いろんな物語に、触れてください。