令和7年度の都立高等学校の入試、一般試験は令和7年2月21日

東京・吉祥寺の個別指導の学習塾、教室アルファです。

令和7年度の東京都立高等学校入学者選抜の日程が、東京都教育委員会のホームページで発表されました。

それによると、次の通りです。

推薦に基づく選抜
出願受付期間:令和7年1月9日(木曜日)~16日(木曜日)
実施日:令和7年1月26日(日曜日)・27日(月曜日)
合格発表日:令和7年1月31日(金曜日)

第一次募集及び分割前期募集
出願受付期間:令和7年1月30日(木曜日)~2月5日(水曜日)
実施日:令和7年2月21日(金曜日)
合格発表日:令和7年3月3日(月曜日)

東京都教育委員会ホームページ「令和7年度東京都立高等学校入学者選抜の日程について」より引用

学校の教室

生徒の皆さんは、「またか」と思うかもしれませんが、何度でもいいましょう。学習計画は、長期的・中期的・短期的に考えるのです。

中学3年生にとっては、8ヶ月先の予定が決まったということです。8ヶ月で、どう学習を進めていくか?3ヶ月、1ヶ月は?では、今週やるべきことは何でしょうか。そのように、考えていきましょう。

中学1年生と2年生の皆さんへ。自分が中学3年生になった時、ゴールデンウィークのお休みが終わって、中間試験が始まるくらいの時期に、自分が受験をする都立高校の入試のスケジュールが発表されることを覚えておきましょう。

中学生の皆さんへ。東京都教育委員会のホームページには、参考として、去年のスケジュールも書いてあります。やってはいけないのは、去年と比べて入試が早いとか、合格発表が遅いとか、日にちについて一喜一憂することです。ちょっとでも思ったら、目をつぶって深呼吸をして、脳ミソを止めましょう。

なぜか?それは、自分ではどうにもならないことだからです。皆さんにどの様な力があるのかは、よくわかりませんが、少なくても高校のテストの日にちをずらすことは出来ないでしょう。だから、出来ること、つまり学習計画を考える方に、頭を使うのです。

一緒に、学習と理解を進めていきましょう。

個別指導をする東京・吉祥寺の学習塾・個別指導専門教室アルファ

2024年の慶應義塾大学のゴールデンウィークについて

東京・吉祥寺の個別指導の学習塾、教室アルファです。

大学生と聞くと、どの様なイメージがありますか?

生徒の皆さんのおじいさまやおばあさまには、自由に使える時間がたくさんあり、勉強はもちろんですが、趣味やサークル(部活動のようなもの)、アルバイトなど色々なことをして過ごせる日々、という印象を持っている人が多いかもしれません。

中には、「学生生活の中で、大学生が一番勉強をしない」などと厳しいことをいう人もいるでしょう。

ですが、それは、昔の話です。アルファの講師の先生に聞いても、先輩に聞いても、大学の勉強は本当に大変だといいます。

もちろん、小学生や中学生、高校生のように、1時間目から6時間目まで、授業がたくさん続けてあって、ということはありませんし、時間も多少は自由に使えます。ですが、勉強中心の生活になることは、間違いがないでしょう。

例えば、今年のゴールデンウィークは、お休みを取ると、最大で10連休でした。皆さんは、学校があるので、10連休ではなかったと思いますが、それでも、長いお休みが2回ありましたね。

ところが、慶応大学は違いました。

慶應義塾大学 塾生サイト 塾生スケジュール(学事日程)2024年度学事日程
慶應義塾大学 塾生サイト 塾生スケジュール(学事日程)2024年度学事日程より引用

書かれていませんが、4月27日(土)は授業があったでしょうから、ゴールデンウィークの前半のお休みは、カレンダーのまま。4月28日(日)のみであったと思われます。

ちなみに、画像の下から2番目、海の日も授業ありですね。

今の大学生の勉強や学生生活について、知るとよいでしょう。授業のブレイクタイムの時に、ぜひ話を聞いて下さい。

個別指導をする東京・吉祥寺の学習塾・個別指導専門教室アルファ

2月14日と、大学入試

過ぎてしまいましたが、皆さん、2月14日はどの様に過ごしましたか?何といっても、バレンタインデーですよね。

おやつ

というのは、半分冗談ですが、2024年2月14日が、大学入試にとってどの様な日だったか、知っていますか?

1月中旬の共通テストが終わり、2月から、いよいよ私立大学の入学試験がスタートします。そして、ほとんどの大学が20日過ぎに入試を終えます。ですから、2月14日は、私立大学の入学試験が、相次いで行われる日なのです。

2024年2月14日に、東京の私立大学で行われた主な入試は次の通りです。

慶應義塾大学商学部
明治大学法学部
中央大学経済学部
青山学院大学文学部
成蹊大学法学部

いろいろな選抜形式がありますし、今後も変わっていきますので、必ずしも断言は出来ないのですが、いわゆる「一般入試」を受験する場合、今年ですと、慶応大学の商学部と、明治大学の法学部は両方受けることは出来なかったということです。

法学部ですと、明治大学と成蹊大学がかぶっていますから、悩ましい。法学部を第一志望に考える場合は、どちらにするか。受験料がもったいないですが、両方申し込んでおいて、他の大学の結果が出ていたらそれを基準にどちらかにするか決める、などという方法も考えられます。

繰り返しになりますが、今は受験の方法もいろいろあって、場合によっては何回かチャンスがあることすらあります。ですから、不安になる必要はありません。ですが、多くの場合、私立大学は入学試験日が重なっていて、その点を踏まえて受験校を考えるべきであることは、覚えておきましょう。

個別指導をする東京・吉祥寺の学習塾・個別指導専門教室アルファ